2010年07月23日

六甲山最高峰

 神戸電鉄の有馬温泉駅から魚屋道を通って、六甲山最高峰931mまで久しぶりに歩いた。木陰の中を歩くのでそう暑くはないだろうと思いきや、汗をかくこと、汗をかくこと。魚屋道は道幅もある昔の商業路なので歩きやすい道ではある。

 六甲山最高峰登り口近くに一軒茶屋がありその前に薄紫色のあじさいの花が咲いている。その姿にホッとする。

 有馬温泉駅で帰りの電車を待つ間に「山へ、温泉へ登山電車ででかけよう!」というチラシを見つける。神戸電鉄の電車賃は高い、とよく言われる。阪神や阪急と比較して走行距離に対して高いことは間違いない。神戸電鉄の運賃がなぜ高いのかは、登山電車の扱いをうけており、郊外電車と登山電車とでは料金体系が違っているからだ。

 この「山へ、温泉へ登山電車ででかけよう!」というチラシは、全国登山鉄道‰(パーミル)会の6社が登山電車の魅力をPRするためのもので、6社とは、神戸電鉄の他に、箱根登山電車、叡山電車、富士急行、大井川鉄道、南海電車である。

 神戸電鉄の湊川〜有馬温泉間の標高差は357mで、箱根駅伝で有名な箱根登山電車の小田原〜強羅間の標高差は527mで、6社の中では最も標高差のある登山電車だ。

 神戸電鉄の最急勾配は50パーミルで、50パーミルの昇り勾配標は、水平に1000m進む間に50m昇る勾配を表している。6社の中では大井川鉄道の最急勾配は90パーミルで、もっとも勾配のきつい登山電車となっている。

2010_0722_六甲山最高峰.JPG

2010_0722_六甲山あじさい.JPG



六甲山を歩こう!

六甲山を歩こう!

  • 作者: 根岸 真理
  • 出版社/メーカー: 神戸新聞総合出版センター
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本



posted by einfonikoniko at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

フウランが咲きました

 シラカシの枝にフウランの鉢をつるしているのですが、強風のため部屋に取り込んで撮ったフウランの写真です。部屋の中にはやや強い香りが漂っています。

 フウランは日本原産のラン科植物のひとつです。

2010_0708_フウランの花.JPG



風蘭の栽培

風蘭の栽培

  • 作者: 田口 源夫
  • 出版社/メーカー: 池田書店
  • 発売日: 1989/06
  • メディア: 単行本



posted by einfonikoniko at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

『歩行』と『脳』 〜生きる力と心もよう〜

 「どうしてはからだの上のほうにあるのか?」なんて考えてみたことがありますか。この本の著者は、なぜ頭のなかに脳があるのかを前提にものごとを考えるのは正しいことなのか、と質問し続けています。
 人の脳全体では水が78%と一番多く、次に多いのが脂質だそうです。血液の比重は1.05近傍で、脳の比重は0.993〜1.007なので、脳は血液の中では浮いていることになります。

 普段、高い、とか低いとか当たり前ののように言われている血圧とは一体何でしょうか?と著者はさらに問いかけます。脳に血液は送られるのですが、普段でも全身の血液の25%を使っていて、悩んだりして頭を使う時は、全身の半分近くの血液が送られるそうです。脳には血液が非常によく送られるわけです。脳に血液が回らなければ、即座に脳は機能不全に陥ってしまいます。立った時に、脳まで血液を揚げる圧力が必要になり、これが最高血圧となるわけです。血圧は身長によって違うことになります。

 最後に著者曰く、「歩くことは、コツコツと少しずつ貯金をするのと同じです。いのちの貯金です。普段から歩いている人とそうでない人は、歳をとってから大きな差が出てきます。歩いている人は本当に元気です。」


歩行と脳

歩行と脳

  • 作者: 吉田 勧持
  • 出版社/メーカー: エンタプライズ
  • 発売日: 2006/08/28
  • メディア: 単行本



posted by einfonikoniko at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。