2010年01月17日

神戸・東遊園地の雪地蔵

 神戸市役所南側にある東遊園地にはひっきりなしに阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂を祈るために訪れています。月日の経つのは本当に早いもので、1995年1月17日から15年を迎えました。

 1.17ひょうごメモリアルウォーク2010のゴール会場のHAT神戸では、号外が配られていました。てっきり神戸新聞の号外かと思ったのですが、朝日新聞でした。

 号外によると、「昨年11月時点で、神戸市の人口約154万のうち震災後に転入した人が26%、生まれた人が10%を占め、3分の1以上が「震災を経験していない市民」」になったとあります。

 その号外には被害状況も載っています。

阪神・淡路大震災
1995年1月17日 午前5時46分
マグニチュード7.3  最大震度7

  死者数     6434人
  負傷者数  4万3792人
  全壊住宅 10万4906棟
  半壊住宅 14万4274棟
  全焼建物    7036棟
  電話不通    30万回線
  停電      260万戸
  ガス停止     86万戸
  断水      130万戸

東遊園地の雪地蔵.JPG

 そういえば、アリスの2001年1月17日神戸での阪神・淡路大震災追悼コンサートの模様を収録したDVDもあります。
posted by einfonikoniko at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

阪神・淡路大震災後の神戸市営地下鉄の板宿駅から三宮までの徒歩通勤

 何でこんなことになってしまったんだー・・・。押し黙って黙々とただ歩くのみ。

 毎日の通勤はあまり変わらない風景だった。変わったのは毎日道路に積み上げられるゴミの山だ。ゴミの収集車は機能していないのだ。

 倒壊したビルはその姿をいつまでも見せたくないからか、重機で解体されていく。当初は重機のショベルがビルを解体する時に粉塵が舞い上がっていたのが、やがて放水しながら解体するようになっていく。ビル解体による粉塵から呼吸器を守るために防塵マスクを着用しての通勤姿になっていく。そして粉塵を飛散させないようにブルーやグレー色のシートで解体ビルは覆われるようになっていく。

 JR西日本が鷹取駅に仮設プラットホームをつくり、JRに乗って三宮方面に行けるようになるまで、神戸市営地下鉄の板宿駅から三宮までの徒歩通勤は続いた。2月中旬頃までだったであろうか。

 阪神・淡路大震災による道路の亀裂や段差、歩道だけでなく車道にまで倒壊した家屋の屋根や戸や窓ガラスなどの散乱、火事により焼け爛れ垂れ下がる電線などを避けながらの徒歩通勤だった。

 火事で文字通り焦土と化した御船通や大道通を帰る時はあたり一面光は全くなく漆黒の暗闇が続いた。懐中電灯を手に危険だと思われる箇所は覚えているからその付近に近づくと用心しながら歩いた。前方にぼんやりとした明かりがあるのは前を歩いている人の懐中電灯の明かりだ。随分と長い距離に感じた。

 通勤時には足元が危険であるので、トレッキングシューズをはいて仕事用の靴と服はリュックの中に入れて歩いた。何日かたつと、通勤者向けの屋台が少したつようになった。水分を補給するためや軽くお腹に入れるための簡易なものだった。利用者はあまりいなかったが。

 防災用の防塵マスクもあります。新型インフルエンザ対策用マスクだけではありません。

posted by einfonikoniko at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

「1.17のつどい−阪神・淡路大震災15周年追悼式典−」の生中継

 兵庫県では、阪神・淡路大震災を経験した地方自治体として、全国の皆さんに、震災の経験と教訓を伝えるために、「1.17のつどい−阪神・淡路大震災15周年追悼式典−」の様子をインターネットで生中継します。

 本生中継は、震災15年目の節目の日を迎え、阪神・淡路大震災の犠牲となられた方々を追悼し、安全・安心な社会づくりに向けて歩む決意について、兵庫から世界にメッセージを発信することを目的として行われるものです。

■放送日時・内容
   平成22年(2010年)1月17日(日)
   午前11時45分から午後0時30分まで(注)約30分前から視聴できます。
   兵庫県公館(神戸市中央区)の追悼式典会場から生中継

■視聴方法
  次のURLにアクセスしてください。
    http://scast.bitmedia.ne.jp/hyogo0117/index.php

  あらかじめ、視聴確認できるかどうかを確認しておいてください
  (現時点でも確認は可能です)。

■視聴に際して
  本生中継は、JAVAアプレットにより配信します。
  ほとんどのパソコンで、特別の操作なく利用できる無償のアプリケーションで、視聴のための専用ソフトがパソコン内に残りませんので、安心してご覧いただける、とのことです。

■本生中継の兵庫県のURL
   http://web.pref.hyogo.lg.jp/pa11/pa11_000000270.html
<<1.17は忘れない 1.17のつどい −阪神・淡路大震災15周年追悼式典− インターネット生中継>>

 災害に強い安心・安全なまちづくりを考えるには・・・
posted by einfonikoniko at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。