2009年07月31日

神戸の横穴式石室:高塚山の森を歩こう会(12)

 神戸市営地下鉄山手線の終点駅の西神中央駅で降りて約10分弱のところに西神中央公園がある。南の方に歩くのだが、感覚的には東に歩いている感じがする。それは西神中央駅が東西ではなく南北のためだ(やや南北に近いのだが)。

 その西神中央公園の中に神戸市埋蔵文化財センターがある。そこでは今「神戸の横穴式石室」という企画展示を行っている。入館料は無料で、平成21年8月30日までの企画展示で、月曜日は休館している。

 横穴式石室は神戸市内各所の古墳から発掘されている。神戸市は地勢的には摂津の国と播磨の国とにまたがる特異な市であるが、摂津の国からも播磨の国からも横穴式石室は発掘されている。

 今住んでいる近くには、高塚山古墳群というのがあり、総数15基でうち9基が発掘調査されている。この企画展示では高塚山古墳群では、高塚山1号墳と8号墳の2つの古墳から出土された須恵器が出品されている。

 出土された須恵器は型式により年代を特定する重要な手掛かりとなる。
 横穴式石室は、古墳時代後期に採用された新たな葬法ということだが、須恵器の型式による推定年代は、MT15型式が510〜530年、TK10型式古段階が530〜550年、TK10型式新段階が550〜570年、TK43型式が570〜590年、TK209型式が590〜610年、ということだそうである。

 昔のことなのに20年単位で年代が特定できるとは驚きである。
 学芸員の方に型式に使用されているMTKの意味についてお伺いしたが、結局何を意味しているのかは分からず仕舞いだった。須恵器で何故年代が特定できるのかというと、須恵器を製作した窯からだそうで、大阪府下で発掘された須恵器の窯でその特徴を特定できるから、とのことである。

 神戸市埋蔵文化財センターの入口近くには、高塚山1号墳の横穴式石室が移築されている。この高塚山1号墳は、高塚山古墳群の中で最も南に位置しており、標高は164.6mで最も低い所に造られている。

移築された高塚山1号墳.JPG

高塚山1号墳説明書.JPG

高塚山の森を歩こう会(5)、をご覧ください


posted by einfonikoniko at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

知らなかった、今年がギネス250周年記念とは!

 まだ梅雨明けしていないが、久しぶりの夏の暑さの中でのテニス後のビールはうまい。今日はギネスビールがお昼の友だ。

 昨日、いつもとは違うスーパーDで「いまなら、250周年記念限定グラス プレゼント!」を見つけたので買った。330ml缶3本と250周年記念限定グラス1個のパッケージ商品である。その1本を飲んだというわけだ。

ギネス250周年記念.JPG


 ギネスビールは国産の缶ビールが350mlであるのに対し330mlで、アルコール分は4.5%、原産国はアイルランドのドラフトギネスだ。

 プルタブを開けると、缶内に白球のフローティング・ウィジェットが入っているので、変な少し大きな音がする。これはギネスビールの特徴であるクリーミィな泡を作るために入っているとのことだ。

 「ギネス250周年記念限定グラス」の箱には、こう書いてある。
ギネスビールの創始者であるアーサー・ギネスが、アイルランドのダブリンにあるセント・ジェームズ・ゲート醸造所でビールの醸造を始めたのは、1759年のことでした。それから250年、いまでは多くの熱狂的なファンを獲得し、150以上の国々のパブや家庭で愛飲されています。(以下略)

 パッケージには「ギネス250年の軌跡」が書かれている。書かれてあるのは本当に歴史の概略だ。その中の一つ、200年後の1959年を見ると、きめ細やかでクリーミィな泡のドラフトギネス販売を開始、とある。

 後の2本は夕食の友だ。


河内屋のギネスビールはフレッシュローテションで日付の新しいギネスビールをお届けできるように対応中です。【おひとり様2ケースまで】【330ml X 24缶】(同梱不可)泡までウマイ黒ビール『ギネス・ドラフト』 330ml X 24缶 1ケース
posted by einfonikoniko at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

「水害記念碑撰文」に何が書かれているのか

 昭和13年7月、阪神大水害の最も被害の甚だしい所だった住吉学園の庭園の東北隅には大きな水害記念碑がある。

 阪神大水害で流出した3トンもある巨岩には、写真では枝に隠れてよく分からないが、「禍福無門」と災害当時の内務大臣海軍大将末次信正の揮毫がある。巨岩の乗っている台座には「水害記念碑撰文」がある。

img015.jpg

img016.jpg


 この「水害記念碑撰文」に何が書かれているのだろうか。読めない箇所が一箇所あるが、次のように書かれている。

   水 害 記 念 碑 撰 文
維時昭和十三年七月五日午前九時三十分、連日ノ降雨ニ加フルニ朝来ノ一大豪雨ハ六甲背山ヲ削リテ見ルモ恐シキ山津波ヲ起シ住吉川畔一帯ヲ初メ殆ンド全村ニ亘リテ濁流土砂奔馬ノ如ク荒レ狂瀾怒濤幾千貫ノ巨巌唸リヲ生ジテ飛ビ其ノ凄惨ナル光景慄然トシテ言語ニ絶ス、斯クテ此ノ未曾有ノ水魔ハ時餘ニシテ三十三ノ精霊ヲ呑ミ流失全壊ノ家屋百有餘、全村ノ七割二千七百戸ニ多大ノ災禍ヲ与ヘ文化ヲ誇リシ住宅街モ一朝ニシテ土砂堆積シ巨巌磊?タル荒野ト化セリ、凶報上聞ニ達スルヤ 畏クモ七月十日侍従ヲ御差遣被遊且多大ノ内帑ヲ下賜セラル茲ニ稀有ノ惨禍ヲ記念シ 至尊ノ鴻恩ヲ銘記シ惨害ノ現状ノ一部ヲ当時ノ儘ニ遺シ親シク惨状ヲ視察セラレシ末次内相ノ扁額ヲ流巌ニ刻シ以テ永ク後ノ世ノ鑑戒タラシメントス
    昭和十四年十二月
              武庫郡住吉村建立

「禍福無門」の垂訓がある旧住吉村の水害記念碑、をご覧ください


◎セントリー社 「耐火耐水セキュリティ金庫」\10,800
  --------------------------------------------------------------
   http://www.yumetai.co.jp/shop/g/g80095000000/?vpm=t090727

   ●洪水時の浸水にも耐える防水仕様!!
   ●貯金通帳や保険証など大切な書類を守ります。
   ●プライバシーを保護するキーロック付きで、防犯対策にも。
posted by einfonikoniko at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。