2009年06月30日

指揮者小沢征爾の父はコピーライターだった

 『満州裏史 甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』講談社 太田尚樹

 今回もこの本より、個人的興味や関心から気になる箇所を取り上げてみることにする。

 194ページに次のような記述がある。
 「この「五族協和」「王道楽土」の二つの謳い文句は、オーケストラの指揮者小沢征爾の父、開作の造語だそうである。
 そのころ、奉天(現瀋陽)に居を構えていた小沢開作の本業は歯科医だが、名前からしても満州にピッタリするような男だった。事実、相当の国士で、関東軍の参謀連中とも交流があり、とくに、板垣、石原と親しくしていた。
 この二人が小沢開作の作った「五族協和」「王道楽土」の文句を気に入り、「うん、これで行こうじゃないか」ということになり、内地でも宣伝され、広く知られるようになった。今ならさしずめ、「流行語大賞」間違いなしというところだが、この話にはもう一つ落ちが付く。
 息子の小沢征爾は1935年(昭和10年)、奉天生まれだから、満州事変から四年後のことになるが、ちょうど開作が板垣、石原と居合わせたところに、男児誕生の知らせが届いた。
 そこでハタと膝を叩いた開作は、目の前のふたりに向かって「あなた方から一字ずつを貰い受けますよ」ということで、征爾と名付けたのだそうである。」

 世界的な名指揮者小沢征爾の父、小沢開作は歯科医であって、コピーライターではなかったが、キャッチコピーに長けた人であることには違いはないだろう。
 
 「五族協和」の「五族」とは、日本人、満州人、漢人、朝鮮人、蒙古人の五族のことだが、実際には満州国建国を記念して設立された建国大学には、白系ロシア人もいて、六民族そろって寄宿舎生活をしている(p.362)ので、「五族協和」ではなく「六族協和」なのかもしれないが、奇数が好きで桜や梅を好む日本人には「六」より「五」の方が通りが良かったのだろう。

 ハルピンは帝政ロシアの前線基地であり、ロシア正教聖堂が立ち並ぶ町で、横浜正金銀行や香港上海銀行、ナショナル・バンク・オブ・ニューヨークなどの国際的な金融機関もあり、ロシア人が闊歩していた。

 小沢征爾が一字ずつを貰い受けたのは、板垣征四郎と石原莞爾からだ。
 
 昭和6年9月18日、関東軍による奉天(現瀋陽)郊外柳条湖付近の満鉄線を爆破した事件(満州事変)が起こるが、その首謀者が板垣征四郎と石原莞爾だ。

 板垣征四郎と石原莞爾も仙台陸軍地方幼年学校で学び、板垣征四郎は第一次近衛内閣で陸相に就任し、平沼内閣でも陸相を務めるが、戦後東京裁判にて死刑判決を受け、靖国神社に合祀されている。
 石原莞爾は関東軍参謀長東条英機と対立し、左遷され、その後現役を退き、昭和16年立命館大学講師となる。

甘粕事件:大杉栄と甘粕正彦との不思議な縁、をご覧ください


満州裏史―甘粕正彦と岸信介が背負ったもの

満州裏史―甘粕正彦と岸信介が背負ったもの

  • 作者: 太田 尚樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本



posted by einfonikoniko at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

甘粕事件:大杉栄と甘粕正彦との不思議な縁

『満州裏史 甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』講談社 太田尚樹

 この本を読もうという気になったのは、あの甘粕事件あるいは大杉事件と呼ばれる事件の核心人物の鬼憲兵甘粕正彦が、昭和14年11月、満映(満州映画協会)の2代目理事長になったのは、満映の映画制作の実績が上がらなかったため、満州国国務院が甘粕正彦を理事長に据えて満映の改革に送り出されたとされているが、その甘粕正彦を満映に送り出した人物が岸信介だ、という記述をどこかで見たことがあるので、きっとこの本にはその経緯が書かれているに違いない、と思ったからだ。

 過日、甲南漬資料館に行ったのは、岸信介が満州で仕事をしていたのはいつだったかを知りたくてであった。

 この本は文字通り裏史を詳細に調べて書かれており、人脈なり、人間関係がよく分かる。個人的興味や関心から気になる箇所を少し取り上げてみることにする。

 142ページに次のような記述がある。
 「そういえば四年半前、同じ(フランスのこと)航路を行った大杉栄。そして行き先も同じパリであった。名古屋地方幼年学校でも先輩だったし、さらに労働運動で千葉刑務所にも入獄していたことのある大杉は、いわばそこでも先輩に当たるから、これは縁に違いない。」

 これは「(十一)旅立ち」の中の一節である。旅立ちとは、千葉刑務所出獄後、結婚し、フランスに行くことであるが、本当に縁というか皮肉というか人生とは怖いものである。

甘粕正彦 明治24年(1891年)1月、仙台市に生まれる (p.48)
甘粕正彦 明治38年(1905年)、名古屋地方幼年学校に入校 (p.51)

大杉栄  明治18年(1885年)1月17日 、香川県丸亀で生まれる
大杉栄  明治32年(1899年)、名古屋地方幼年学校入学
大杉栄  明治34年(1901年)11月、名古屋地方幼年学校の退校処分を受ける (p.52)

甘粕正彦 24期生として、東京市谷の陸軍士官学校の門を潜る (p.52)
     陸士教官の東条英機中尉(後に首相となる)に甘粕は気に入られる (p.53)
甘粕正彦 明治45年5月、陸士を卒業して、津市にある歩兵第五十一連隊第八中隊付きの見習士官となる (p.53-54)
     陸軍戸山学校入校後、乗馬訓練中に落馬して膝を大怪我する (p.55-56)
甘粕正彦 大正7年(1918年)7月、陸軍憲兵中尉となる (p.58)
     大正11年1月、渋谷憲兵分隊長になる (p.62)
     大正12年8月27日、麹町憲兵分隊長代理を兼任 (p.62)

大杉栄  フランス政府から国外追放処分を受け、日本郵船の客船箱根丸で、大正12年7月11日、神戸港に着く (p.69)
大正12年9月1日、関東大震災 (p.71)
大正12年9月15日、憲兵隊大杉栄の居所を掴む (p.82)
大正12年9月16日、大杉栄、伊藤野枝、橘宗一(大杉栄の妹橘あやめの息子)、憲兵隊に連行される。(p.88) 憲兵司令部の応接室で大杉栄殺害される (p.93)

甘粕正彦 大正12年12月、判決後千葉刑務所に送られる (p.100)
大杉栄  労働運動で千葉刑務所に入獄する (p.142)

甘粕正彦 大正15年10月9日、2年10ヶ月ぶりに千葉刑務所から出獄する (p.127)

 岸信介と甘粕正彦との出会いは次の機会にする。

李香蘭という女優をご存知でしょうか、をご覧ください
2つの国策映画会社、をご覧ください
60年安保時の首相岸信介の昭和12年満州 、をご覧ください



満州裏史―甘粕正彦と岸信介が背負ったもの

満州裏史―甘粕正彦と岸信介が背負ったもの

  • 作者: 太田 尚樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本



posted by einfonikoniko at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

神戸アンサンブルソロイスツ第19回定期演奏会

 神戸アンサンブルソロイスツ第19回定期演奏会を聴きにいく。今回の演奏会は、会場を今までの神戸市立灘区民ホール マリーホールから、昨年1月21日にオープンした神戸芸術センター芸術劇場で行われた。今回のテーマは「二人の“B”BB」だ。Bで始まる作曲家は多いが、今回の二人のBとはベートーベンとブラームスのことだ。

 演奏曲目は、
1曲目:序曲「コリオラン」 ハ短調 L・V・ベートーヴェン
2曲目:交響曲 第7番イ長調 L・V・ベートーヴェン
3曲目:ピアノ協奏曲 第2番変ロ長調 J・ブラームス
の3曲である

 序曲「コリオラン」は久しぶりに聴く曲だ。ベートーベンは交響曲第3・5・6・7・9番とピアノソナタを聴きにいくことが多いので、「レオノーレ」以来の曲だ。

 ベートーベンの交響曲第7番は最も好きな交響曲の一つだ。中でもブロムシュテット指揮のN響の演奏が最も良かった。テレビドラマのおかげであまりにも有名になりすぎてしまった。第2楽章のテンポが速くかなりの違和感を感じた演奏だった。速めの演奏の意図を知りたい。

 ピアノ協奏曲のソリストは後藤有以子さんだ。後藤有以子さんは神戸アンサンブルソロイスツ団員のビオラ奏者なのだが、最近はピアノ中心のアンサンブル活動に精力的に演奏しているそうだ。ビオラ奏者がピアノ協奏曲のソリストとして演奏するというのは、非常に珍しいどころか前代未聞のことだと思う。

 今回の演奏会も指揮者の高橋義人さんからの招待状で聴きにいったものだ。いつも躍動感あふれる力強い指揮ぶりがいい。聴きにいくのは、高橋さんの躍動感にあふれる指揮を見に行くといった方が正しいだろう。高橋さんの現職は、神戸市立葺合高校の理科と情報教諭だ。

 なお、新神戸駅の近くにある神戸芸術センター芸術劇場のあるビルの最上階(37階)は3億円を超える分譲マンションで話題となった。


ベートーヴェン:交響曲第5番&第7番

ベートーヴェン:交響曲第5番&第7番

  • アーティスト: カラヤン(ヘルベルト・フォン),ベートーヴェン,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/11/08
  • メディア: CD




ブラームス:ピアノ協奏曲第2番

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番

  • アーティスト: ポリーニ(マウリツィオ),ブラームス,アバド(クラウディオ),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD



posted by einfonikoniko at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。